東北の夏を彩る「青森ねぶた祭」が、8月2日(水)~7日(月)に青森市中心部で開催され、282万人の観光客が訪れました。
 
青森ねぶた祭に1953年から参加しているマルハニチロ侫武多会。今年で51回目の出陣となりました。
 
大勢の観客の前で、鮮やかに輝く大型ねぶたが“ねぶた見せ(お辞儀)”や回転をするたびに、大きな歓声があがりました。
 
今年の題材は「『岩見重太郎 狒々退治(いわみじゅうたろうひひたいじ)』
ねぶた制作:手塚茂樹」
 
最終日の7日(月)には、花火大会と海上運行が今年の青森ねぶた祭のフィナーレを飾りました。
 
DSC_0332_加工.jpg
大型ねぶた(幅9m、高さ5m、奥行7m、重さ4t)
提灯をずらりと並べる伝統的な飾り方を踏襲している「マルハニチロ侫武多会」のねぶた。
 
DSC_0397_加工.jpg
ねぶたの後ろ姿は「見送り」と言われています。
夜の闇に小さく消えていくその姿は、走馬灯のように、
過ぎていく夏を惜しむかのように哀愁を誘う役目があります。
 
 
運行形態をご紹介します。
前ねぶたを先頭に、先導役・運行責任者、跳人、大型ねぶた、囃子方と運行形態が連なり、
 
1団体は全長110mになります。
 
DSC_0296_加工.jpg
前ねぶた
 
DSC_0306.JPG
先導役・運行責任者
 

DSC_0123.JPG

跳人(はねと)

 

DSC_0354.JPG

迫力ある演奏のマルハニチロ侫武多会囃子方「海鳴(うみなり)」
 
 
 
そして、
 
20170809_092631.jpg
8月9日(水)ねぶた小屋にて、ねぶた解体が行われました。
 
マルハニチロ侫武多会を応援して下さった皆様、
運行などに携わって下さった皆様、
ありがとうございました。
 

マルハニチロは2017年度魚食普及活動の一環として、

「シェフ直伝~身近な魚を使った休日ランチ~」料理教室を大阪ガス様とともに開催いたしました。

魚食の楽しさ、おいしさを皆様に知っていただくことで、皆様の豊かなくらしとしあわせに貢献する活動のひとつです。

 

【日時】2017年7月16日(日)
【場所】大阪ガス「ハグミュージアム」(大阪市西区)
【主催】マルハニチロ株式会社、大阪ガス株式会社
【対象】親子32組72名
【料理講師】「ビストロ・ハシ」橋村信冶オーナーシェフ
 
DSC_0131_加工_2.jpg
【作ったメニュー】
・エビと桃のカクテル
・ジャガイモと白身魚のガレット~レモンシャンティを添えて~
・シーフードとマカロニのリゾット
・南仏風真鯛のオーブン焼き オレンジの香り
 
DSC_0029_加工.jpg
この日、子供たちが“シェフ”になり、
お父さんお母さんはアシスタント役になりました。
 
DSC_0018_加工_4 (魚食サイト用サイズ加工).jpg
「できあがる前に必ず味見をしよう」「盛付は大事だよ」と優しく
“子供シェフ”にアドバイスしてくださった橋村オーナーシェフ(中央)
 
DSC_0086_加工.jpg
真鯛をグリル。盛付に気を配りました。
 
DSC_0110_加工.jpg
天然えびは旬の桃と和えました。意外な組合せとおいしさに驚きの声!
 
DSC_0112_加工.jpg
シーフードミックスは、砕いたマカロニと煮込み、リゾットになりました。
 
【参加者の感想(抜粋)】
・タイがおいしかった。
・子供が直にシェフからアドバイスをいただけて良かったです。
・レッスンタイトルを見て、レベルが高そうで心配でしたが、意外にカンタンでシェフも面白く、参加できて大変良かったです。
 
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました☆
 
マルハニチロは、親子向けに魚のおいしさ、楽しさを伝える魚食普及イベントを開催しています。
今年は、シェフ直伝「身近な魚で休日ランチ」料理教室を4回開催します。
 
リリース
 
その第2回目として、東京ガス様と共催で、スペイン料理の栗原シェフにオリジナルレシピを教えていただきます♪
 
栗原シェフ.jpeg
スペインバル バルデゲー料理長・エルトラゴン代表の栗原靖武シェフ
 
■当日作るメニュー(予定)■
 
魚介のパエリア.jpg
フライパンで作る魚介のパエリア
 
エスカリバーダ(焼き野菜)と魚介のマリネ.jpg
エスカリバーダ(焼き野菜)と魚介のマリネ
 
クレマカタラーナ.jpg
クレマカタラーナ
 
申込はこちらから↓↓↓
 
申し込みの締切は8/7(月)です。
 
お待ちしております♪
 

こんにちは!あさりちゃんです。

 

今日は、マルハニチロ侫武多会の話題です。

8月2日(火)~7日(日)まで、
青森市中心部にて「青森ねぶた祭」が開催されます。
1953年に大型ねぶたを出して以来、
青森ねぶた祭に参加しているマルハニチロ侫武多会。
今年で51回目の出陣となります。
 
6月18日(日)、「ねぶたの紙張り」が終わりました。
(マルハニチロ侫武多小屋にて)
 
IMG_5578.jpg
 
IMG_5577.jpg
 
このあと、「書割り」「ろう付け」「色付け」「台上げ」とひとつひとつの工程を経て、青森ねぶた祭本番をむかえます。
 
こちらが原画になります。
原画_加工.jpg
マルハニチロ侫武多会 平成29年度「岩見重太郎 狒々退治」(ねぶた制作 手塚茂樹)
 
ねぶた師が長い時間を掛けて、題材や構図を練り上げます。
鉛筆で書き始める工程が、ねぶた制作の第一歩であり、この原画が設計図となって迫力ある「ねぶた」が制作されていきます。
 
 

 

 

こんにちは! あさりちゃんです。

親子向け料理教室のご案内です。

 

マルハニチロは、親子向けに魚のおいしさ、楽しさを伝える魚食普及イベントを毎年開催しています。
今年は、「シェフ直伝~身近な魚で休日ランチ~」料理教室を4回開催します。
リリース↓↓↓↓↓
 
 
その第1回目として、大阪ガスのハグミュージアム様にて、
Bistro-Hashi(ビストロ・ハシ)の橋村シェフにオリジナルレシピを教えていただきます。
 
『ビストロ ハシ』の橋村信治シェフ.jpg
Bistro-Hashi(ビストロ・ハシ)の橋村信治シェフ
 
そして、教えてくださるメニューが・・・
全体写真・横.JPG
【メニュー例】
エビと桃のカクテル
ジャガイモと鮮魚のガレット レモン風味のシャンティ添え
南仏風真鯛のオーブン焼き オレンジの香り
シーフードとマカロニのリゾット
 
参加申し込み締め切りは7月3日(月)です。(WEBにて申し込み後、抽選)
 
くわしくはこちらをご覧ください。
 
お待ちしております♪
 
 
 
 
 

環境イベントを開催したご報告です。

2017年5月28日(日)に横浜海の公園で、アマモ(甘藻)の花枝採取を行いました!

マルハニチログループは、水質浄化やCO2削減に役立つアマモを増やして、東京湾を豊かな海に再生する「東京湾UMIプロジェクト」に協力しています。

東京湾に生き物のにぎわいを取り戻すための「アマモ場再生イベント」を海辺つくり研究会ご指導のもと開催し、毎年花や種をつけるこの時期のアマモから花枝を採取しました。

当日、1,500本の花枝を採取し、しばらく成熟させて今夏にひと粒ひと粒選別を行い、秋の種まきに備えます。

==概要==
【  日  時 】2017年5月28日(日)
【 場  所 】海の公園 (神奈川県横浜市金沢区)
【 参 加 者】マルハニチログループ従業員と家族 63名
【 指  導 】NPO法人 海辺つくり研究会、神奈川県水産技術センター 
【 協  力 】横浜市漁業協同組合、公益財団法人 横浜市緑の協会
【 視  察 】国土交通省港湾局、国土交通省関東地方整備局
【マルハニチロ事務局】マルハニチロ(株)経営企画部、マルハニチロユニオン
 
くわしい内容はこちらをご覧ください。
 
集合写真トリミング.jpg
参加したみなさんで、記念撮影です。
 
DSC_0091.JPG
ご指導いいただいた木村尚さん(中央)とアマモ花枝採取です。
 
DSC_0099.JPG
タマシキゴカイの卵も発見しました!(中央:手に持っている水槽の中)
 
IMG_4147.jpg
花枝を積み込む船で、「生き物観察会」を開催
神奈川県水産技術センター三浦さん(中央)に教えていただきました。
 
DSC_0092_コントラスト加工.jpg
1,500本の花枝を採取しました。
 
マルハニチロは、2016年3月に国土交通省「東京湾UMIプロジェクト」の協力企業に認定されました。
今後も海の環境を整える本活動を続けてまいります。

こんにちは!あさりちゃんです!

イベントのご報告をさせてください。

マルハニチロは豊洲地区に店舗を構えるスペイン料理「バルデゲー」様・「ららぽーと豊洲LaLaClub」様と連携して、ワークショップランチを開催いたしました。

この取り組み、今回で3回目の開催となりました。

 

【日時】2017年4月25日(火)
 
【場所】アーバンドックららぽーと豊洲(東京都江東区豊洲)
 
【対象】35名
 
【料理講師】栗原靖武氏
      「スペインバル バルデゲー」/「ElTragón(エルトラゴン)」代表
 
【内容】■思い出缶詰づくり、缶詰の話…マルハニチロ
    ■「あけぼのさけ(缶詰)」を使った料理、
      “スペインパイ、エンパナーダ”のデモンストレーション
    ■店舗「バルデゲー」でのランチ…栗原氏
 
DSC_0009.JPG
まずは缶詰作りから!
缶に詰めたい物をお持ちいただき、それぞれの思い出缶詰を作りました。
 
DSC_0008.JPG
たとえば・・・
プレゼント用に、アーティフィシャルフラワー(造花)を入れて、
「開けた時、しあわせな気持ちになってほしい」という思いを込めて。
 
DSC_0045.JPG
続いて、料理教室☆
熱心にメモを取りながら、料理を習う参加者の皆様
 
栗原シェフ_加工.jpg
料理を教えてくださった栗原シェフ
 
 
DSC_0062.JPG
【本日のオリジナル料理】“エンパナーダ”
たまねぎ、パプリカ、ほうれん草、あけぼのさけ(缶詰)を炒め、パイシートで包んで焼き上げました。
 
エンパナーダ.jpg
「あけぼのさけ(缶詰)」で作ったスペインパイ“エンパナーダ”の完成♪
 
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
 
 

こんにちは、シャモです。
4月1日(土)放送の、NHK「ブラタモリ」奄美の海編、
マルハニチロが取材協力したことを前回のブログでお伝えしました。
(前回のブログはこちらからご覧ください)

マグロ養殖場での撮影に協力させていただいたのですが、
撮影のこぼれ話をひとつ。
撮影当日、マグロの生けすの近くにクジラがいたので船で近づくと、
クジラがブリーチング(海面から飛び上がること)をしてくれました。
しかも、Wブリーチといって、
2頭同時に飛び上がることはかなり珍しいとのこと。
そのときの写真です。

IMG_6524◎trimmed.jpg

IMG_6550◎trimmed.jpg

IMG_6651◎.JPG
(写真提供:奄美養魚)

確かに2頭同時に飛び上がっています!
クジラたち、撮影を応援しに来てくれたのかな~
奄美の自然って、とても壮大。
たくさんの生き物がいるのも納得です。

わたしたちマルハニチロはこのような壮大な大自然のなかで、
大切にマグロたちを育てています。

NHK「ブラタモリ」
♯68 奄美の海~なぜ、奄美は生き物の楽園?~

再放送は、
2017年4月19日(水)午前1:00~(火曜深夜)
です。
見逃した方、ぜひご覧ください!!

明日から週末です。
東京では桜が満開を過ぎ、葉桜になりかけてきましたが、
これから桜が咲く地域の皆さま、春の風情を楽しみながら、
よき週末をお過ごしくださいませ。

こんにちは、シャモです。

先日(2017年4月1日)放送された、
NHKの人気バラエティ番組「ブラタモリ」に、
マルハニチロが取材協力をおこないました。
ブラタモリ「♯68「奄美の海編 ~なぜ、奄美は生き物の楽園?~」

突然ですが、問題です。
Q:奄美大島にはさまざまな生き物がいますが、
  そのなかで奄美の地形の恩恵を受けて育てている魚はなんでしょうか?
A:黒いダイヤこと「クロマグロ」です!
DSC_0608.JPG

マルハニチロでは奄美にクロマグロの養殖場をかまえており、
その養殖場で「ブラタモリ」の撮影がおこなわれました。
タモリさんと近江アナウンサーは船に乗って生けすまで行き、
実際にマグロのエサやり体験もしていただきました。

奄美の温暖な気候のおかげで、
約3年で100kgもの大きさになる「クロマグロ」。
おふたりとも、マグロたちの迫力にびっくりされていました!!

放送でも紹介されましたが、この養殖場では完全養殖マグロも養殖しています。
完全養殖については、こちら
番組では、わかりやすく完全養殖の説明をしていただきました。
NHKさま、ありがとうございます!!

番組を見れなかった方は、
再放送が、
2017年4月19日(水)深夜1:00~(火曜深夜)、NHK総合
で放送されます。
NHKオンデマンドでも配信中です。
ぜひご覧ください!!

1.jpg
NHKさまからいただいたポスター。大切に飾らせてもらっています。

こんにちは、シャモです。
冷凍食品「新中華街」シリーズの新CM、ご覧になっていただけましたか?

「新中華街」シリーズは、「赤坂璃宮」の譚彦彬オーナーシェフ監修のもと、
1995年の発売以来、長年皆さまから愛されている人気シリーズです。

(4902165202656)炒飯の極み [えび五目XO醤].jpg (4902165800753)あおり炒めの焼豚炒飯.jpg (4902165542752)横浜あんかけラーメン.jpg

今回の新CMでは、落語家の春風亭昇太さんが、
「新中華街」の3商品のおいしさを、普段は見られない感極まった表情や、
落語の所作などで余すところなく表現していただきました。
昇太さんの表情に、おいしさがにじみでています~!

スチール1.jpg

CMは、
「炒飯の極み[えび五目XO醤]」(「感極まる」篇)、
「あおり炒めの焼豚炒飯」(「弟子に振る舞う」篇)、
「横浜あんかけラーメン」(「落語」篇)の3種類。

まだテレビで見てないよ~って方は、マルハニチロチャンネル(http://www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/channel/index.html
でもご覧いただけますので、ぜひご覧くださいね。

2月26日(日)中日新聞 CMコラム「CMのウラ」では、
昇太さんCM撮影のウラ話が掲載されました。
CMでの昇太さんの衣装は、なんとすべてご自身の私物!などなど。
中日新聞以外では、東京新聞、北陸中日新聞でも
同じコラムが掲載されていますので、
購読地域の方、こちらもご覧いただけたら、とてもうれしいです。

ブログを書いていたら炒飯が食べたくなってきました。
今日の夕飯、「炒飯の極み」にしようっと!!