2012年7月

関東では涼しい日が続いていましたが、再び暑さが戻ってきました~(^^;;
今年の夏は猛暑なのでしょうか?!

 

明日7月27日は、土用の丑の日ですね。

 

丑の日にうなぎを食べるようになった理由には諸説あるようですが、「土用丑の日は一年のうちで特に暑い時期なので、夏バテしないように食べるようになった」、「丑の日に【う】のつくものを食べると病気にならない」など、いろいろあるようです。

 

マルハニチロ食品のレシピサイト【"簡単"しあわせレシピ】でも、うなぎを使ったレシピをいくつかご紹介しています。

 

うなぎのビビンパッ

photo_unagibibinba.jpg

普通のうな丼などももちろんおいしいけれど、ビビンパ風にしてもおいしい!何より、とてもスタミナがつきそう~♪

 

うなぎの炊きおこわ

unagitakiokowa.jpg 
もち米と一緒に炊き込むのも、新鮮ですね!

 

今年は"稚魚の減少で高騰"というニュースが連日新聞やテレビをにぎわせていますが、うなぎは高くてちょっと・・という方は、他のおさかなで"うなぎ風"にしてみては??

 

さんま蒲焼でうなたま風

sanmaunatama.jpg

さんま蒲焼の缶詰を使えば簡単ですし、「さんま」ながら「うなぎ」の雰囲気を味わえます♪

 

あと、うなぎからはそれますが、こちらのレシピ↓も、夏バテに効きます!!

 

スタミナそうめん

sutaminasoumen.jpg 

 

スタミナのつくものをしっかり食べて、あつーい夏を乗り切りましょー!!

2012年7月24日 24:40~25:35放送

テレビ朝日「お願い!ランキング」美食アカデミー 上半期反響度ランキングに、マルハニチロ食品の冷凍食品が紹介されました!

2012年3月に放送された「お願い!ランキング」美食アカデミーでマルハニチロ食品 冷凍食品を取り上げていただきましたが、その放送後の反響度が22社のうち10位として、ご紹介いただきました!

番組内でご紹介された商品はこちらです。

2012年3月放送のなかで満点を獲得!見事1位に輝いた「レンジだけ!ちゃんぽん」。
放送後の反響として売上が2.2倍になりました^^

Photo

お湯もお鍋も使わずにレンジだけで、おいしいちゃんぽんが食べられます!

2012年3月放送のなかでは残念ながら評価が低かった「湘南風渚のトマトカレー」。
そこでのご指摘を受け、エビを増量しました!放送後の反響としては売上1.7倍に。

Photo_2

これらの結果もひとえにお客様のご愛顧のおかげです。
本当にありがとうございます!
食べたことがある方もない方も、ぜひまた一度ご賞味くださいませm(- -)m

以前このブログで、フィリピンでのスジアラ養殖を紹介させていただきましたが、今回はスジアラ稚魚の出荷の様子が届きましたので、さっそくご紹介いたします♪

スジアラってどんな魚!? という方はぜひ前回記事ご参照ください♪
http://www.blog.maruha-nichiro.co.jp/2012/05/000011.html

グループ会社の大洋エーアンドエフがフィリピンで養殖しているスジアラ。
そのふるさとのひとつは、実は日本の石垣島です♪
石垣島にある水産総合研究センターで卵から種苗生産され、5~6cm程度まで育った稚魚をフィリピンに運んでいるというわけです。この種苗輸送は、大洋エーアンドエフと水産総合研究センターとの共同研究の一環として行われているものです。
毎年6月末から7月頭にかけて、石垣島からフィリピンにスジアラの稚魚を輸送するのですが、4年目にあたる今年は稚魚5万尾以上を輸送しました。その結果、フィリピン・サマール島にある養殖施設まで、99%が生きたままの状態で到着することができました!! 
「スジアラ種苗輸送について」の研究成果が実を結んだ結果といえます^^!

Photo
スジアラ稚魚のふるさと、美しい海と空、石垣島~!!

Photo_2 Photo_3
輸出する稚魚をひたすら選別・数取り(異常のある固体、小型・ヤセ、色の悪い個体の除去)。この日は3人作業で約4時間かかりました

Photo_4
輸送されるスジアラ稚魚の大きさは、体長約5~6cm♪ 小さいながらも立派な面構え!!

Photo_6 Photo_7
選別の後はパッキング。一箱あたり、100~120尾泳いでいます

Photo_8 
輸送は空路で。石垣島→那覇→福岡→マニラとつなぎます♪

Photo_10 Photo_12
マニラに到着後、ふたたび空路と陸路をつなぎます。石垣島での出荷(パッキング後)から、約30時間後には最終目的地のフィリピン・サマール島に到着!!

今回輸送されたこの稚魚たち。フィリピンで来年の年末ぐらいまで育てられ、その後、中国・香港向けに出荷される予定です。
それまで全員、無事に元気に育ってくれますように~!!

 

関東も梅雨明けし、連日猛暑日・熱帯夜が続いていましたが、今日は過ごしやすいですね。

明日から夏休みというお子さまも多いのではないでしょうか。
みなさんどんな夏休みの予定を立てていらっしゃいますか。楽しみですね!

マルハニチロでは8月22日に「夏休み特別企画 理科実験授業」
マルハニチロ豊洲本社にて開催します!!

マルハニチログループは長年サケとともに歩んできました。
そんなマルハニチロの中央研究所の社員が講師をつとめ、
観察・実験などを交えながらサケの一生を学ぶことができます。

みなさんサケの稚魚を見たことありますか?
サケの成魚をじっくり見たことありますか?
DNAってどんなものか見たことありますか?
実験ではサケの白子からDNAを抽出します!
授業のあとはみんなサケ博士になれますよ!

この理科実験授業は、毎年小学校で行われ大変好評いただいています。
これまでの取り組みなどはこちらからご覧ください。

そんな授業が理科室を飛び出し、特別授業として、豊洲で実施します!
夏休みの思い出作りのひとつに、夏休みの自由研究のひとつに、
ぜひたくさんの方のご参加をお待ちしています!

なお、理科実験授業は小学生以上のお子さまと保護者の方がご参加できます。
参加費は無料、先着順です!
現在、まだ空きがございますので、参加ご希望の方はこちらのご案内をご覧ください。

マルハニチロのアンテナショップ「マルハニチロプラザ」(豊洲フロント1階)
にもご案内を出しています。
たくさんのお申込お待ちしています!

__020

昨年夏に実施した際の理科実験授業の様子です。

Dsc00590

サケの成魚の観察は迫力あります!

__066

サケのDNA抽出中です。参加者みなさん真剣なまなざし!

3連休、海の日も終わり、いよいよ本格的に暑くなってきました。ふうぅ。

夏本番はまさにこれからですが、先週7月13日(金)、マルハニチロ食品の2012年秋季新商品発表会が東京本社にて開催されました。食品業界では春と秋に新商品発表会を行うのが通例となっていて、マルハニチロ食品では毎年、春の新商品は2月ごろに、秋の新商品は7月ごろに、まさに季節を先取りして発表会を開催しています♪

さて、今回発表会当日には、なんと、マルハニチロ食品の宣伝隊長である【さかなクン】が応援にかけつけてくれました!!

さかなクン】といえば、すでに皆様ご存知の通り、海に関する分野で功績を挙げたとして、「海洋立国推進功労者」として7月13日(金)夕刻に首相官邸で表彰されたばかり。
当日はその表彰を受ける直前にマルハニチロに立ち寄ってくださったという次第です。
さかなクン、あらためて御礼申し上げるとともに、このたびのご受賞誠におめでとうございます!!

新商品発表会では、さかなクンにもたくさん試食していただきました♪
魚を使ったメニューをはじめ、魚とあまり関係のない(?!)ゼリーなども、どれも「おいしいっ」というコメントをいただくことができて感謝感激です。
今回発表した商品については発売時期がもう少し先になりますので、その頃また個別に紹介させていただきますね^^

マルハニチロ食品2012年秋季新商品 一覧


Photo_9 
さかなクン、マルハニチロ食品坂井社長と「DHA入りリサーラソーセージ」の宣伝に!!

Photo_2
マスコミのみなさんが大勢集まってくださいました

Photo_12
「オススメは?」 「ぜひこの冷凍食品をどうぞ!!」


Photo_3
缶詰チームが手に持つのは、今回イチ押しの【かに缶】!!

Photo_4
カップゼリーチームも、はい、チーズ♪

Photo_10
冷凍食品とフィッシュソーセージのコラボ商品◎

Photo_11
お弁当のおかずには冷凍食品で野菜をぜひ!!

 

 

712日(木)、都内某ホテルにて、アクリフーズ2012年秋季新商品発表会が行なわれました。

この秋も、アクリフーズお得意のピザやグラタンなどを始め、見て、食べて楽しい冷凍食品が勢ぞろいしました!

今回のいちおし新商品は、こちらの『冷え知らず』さんの生姜担々スープごはん』。なんと、女性に人気の永谷園「冷え知らず」さんの生姜シリーズとのコラボ商品なのです!

担々スープ+生姜で、ぽかぽかあったまりますよ~(^^)

Photo

ブログチームも試食をしましたが、生姜がきいていておいしい!生姜が好きな人にはたまりません!お昼ごはんや夜食にもぴったりです。

もちろんこのほかにも、人気のくまちゃん占いシリーズなどなど、お弁当にぴったりな新商品がたくさんお目見え!

カラフルなカップがかわいい~~☆(2種のお弁当グラタン

Dsc02609

Dsc02599
これらの新商品の発売は8月末予定です。

少し先にはなりますが、お店に並んでいるのを見かけたら、ぜひ試してみてくださいね!

Dsc02606_2
あいさつをするアクリフーズの田辺社長♪

「マルハニチロおさかなポスター」に【北方物】が加わりました!

【北方物(ほっぽうもの)】には31種のおさかな達がラインアップしています。

ポスターイメージはこちら!

Hoppo2_s

見ていただくとおわかりのとおし、色も形もさまざまで、眺めてみても楽しい1枚となっています。

中でもキレイなグリーンが目をひくのは「ホッカイエビ」。

小さいながらも非常に存在感があります。

エビとしてはめずらしい色をしていますが、これはホッカイエビが餌とするアマモの色に似せており、

保護色としてこの色になっているそうです。

なんとも鮮やか!

おさかなカレンダーも全15種類となりました。

みなさんがお好きなお魚は登場しているでしょうか!?

引き続き新作を製作予定ですので、次のポスターお楽しみに!

マルハニチログループ報、2012年夏号が完成しました。
中身は社外秘なのですが、表紙を今回ぜひご紹介させてください♪
イラストレーター渡辺鉄平氏により、マルハニチロの世界観&食世界を見事に表現していただきました!!

2012

ところで、過去の社内報を読み返していたら、印象深いコラムを見つけました。
昭和60年4月号、旧大洋漁業の広報担当の方が書いたコラムです。
以下に抜粋いたします。
--------------------------------------------------------------------
大阪に㈱●●という会社がある。
そこの社長がまことにおもろい人で長時間話をしていても人を全く飽きさせない。
---省略---
その社長が日本人の“食の歴史”をこんな風に語ってくれた。
「終戦直後からの昭和20年代は、食べ物をで食べたものです。
食べることに貪欲で何でも吸収しました。
それが30年代になるといくらか食べ物も豊富になってきて、で食べるようになりました。
つまり、物量から味覚への変化です。
そして40年代に入ると今度はで食べだしました。
食べ物の色合い、盛り付け、食器なども食を構成する大きな要素となったのです。
それが50年代になるとそろそろ飽食の傾向が現われ、栄養のバランスがどうのと、
で食べることに移行しました。
そして60年代、そう、今はハートで食べる時代が始ろうとしているんです」と。
心の翼をひろげられる食とは一体何なのでしょうか。
---省略---
----------------------------------------------------------------------

2012年平成の今、腹・舌・眼・頭・こころ、そのすべてで食べる時代になったように感じます。
でもやっぱり、「こころ」が占める部分の大きさも実感します。

今回のグループ報表紙では、食のよろこび、たのしさをお伝えしつつ、
「心の翼をひろげられる食」を生み出したいと願うマルハニチロのこころも表現できたのではないかと、自画自賛している次第です^^;
さて、皆様いかが感じていただけましたでしょうか~