2012年8月

オリンピックやお盆休みも終わり・・・残暑厳しい8月後半です。

暑いときには“ビールにちくわ“が好き!!という方もきっと多いはず。

今回はその<ちくわ>のひみつ、少しお教えします♪

ちくわは、スケソウダラやマダラなど、さまざまな白身のおさかなの「すりみ」から出来ています。
他にも、イトヨリダイ、アジ、ホッケなど♪

「すりみ(SURIMI)」はなにを隠そう、「豆腐(TOFU)」「寿司(SUSHI)」「すきやき(SUKIYAKI)」などと同様、水産業界では世界中で通用するメジャーな国際語なんです!

すりみの原料となるおさかな一覧

すりみの製造工程

その「すりみ」を原料に、成型や加熱などいくつかの工程を経て、お店でよくみるあの形になるのです。

【成型】串にねり肉を巻きつけます

20120821_01.jpg

 

【加熱】二回にわけて焼きます。そうすると弾力のある食感に!

20120821_02.jpg

 

【串抜き】焼き終わったら、串から抜きます

20120821_03.jpg

 

なるほど、ステンレス製の串にねり肉を巻きつけて焼くので、穴のあいた形になるんですね!

製造工程の詳細はこちらもご覧ください!

ちなみに、こちらを見ると全国各地の特産ちくわ・かまぼこもわかっちゃいます!

皆さんがお住まいの地域で食べられているちくわ・かまぼこはありましたか??
地域によって、いろいろですね~(^^)

ちくわはそのままたべても、調理して食べても、おいしい商品です。
おつまみにお料理に、お試しください!

マルハニチロでは、「ちくわ」についてのあれこれを以下サイトで紹介しております♪
http://www.food.maruha-nichiro.co.jp/products/pro30600.html

神奈川県内の女子高生徒さんたちがマルハニチロ本社に来社し、宇宙食の取材を受けました。

文化祭で【宇宙】をテーマに研究発表を行うということで、マルハニチロが取り組んでいる宇宙日本食(缶詰)について、その特徴や作り方についてお話させていただきました。

20120810_1.jpg

マルハニチロと宇宙食のかかわりはさかのぼること約30年前、
1985年に宇宙開発事業団(NASDA)による委託業務「米国宇宙基地計画予備設計参加」の下部組織として“宇宙食勉強会”が発足し、その参加企業6社のうちの1社としてマルハニチロ(当時大洋漁業株式会社)が選ばれたのが最初です。

その後、1993年、宇宙開発事業団の広報イベントとして読売新聞社とNHKが進めた「向井千秋さんの宇宙料理コンテスト」にマルハニチロ(当時マルハ株式会社)が技術協力することになりました。

そして2004年、ふたたびマルハニチロは宇宙食開発に挑戦します。
食品科学工学会宇宙日本食専門家委員会より“魚介料理の宇宙食開発”という要請を受けスタートしました。

「常温保存で15 カ月間品質を保持すること」「おいしい日本食であること」という要件を満たすため、メニュー検討、試作、評価を重ねた結果、「サバの味噌煮」「イワシのトマト煮」「サンマの蒲焼き」の3品を提案。
2007年6月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)によって“宇宙日本食”として認証されました。

マルハニチロと宇宙食について

20120810_2.jpg

缶詰は常温で流通・保管ができ、調理が不要!
保存料など添加物を一切使わず、魚の栄養がまるごと取れる良いとこずくしの商品なのです!
さらにこの缶詰は食べ終わった後、重ねることができるので、ゴミもコンパクト!
宇宙の限られた空缶でもスペースを抑えることができます。

缶詰は日常でもとっても便利な食品ですが、宇宙でも活用され、その力を発揮しているんですね!
宇宙で食べる魚はどんな味がするのでしょう~

20120810_3.jpg

 

試食を交えながら、缶詰の作り方や通常食と宇宙食の違いについてなど、熱心に取材されていました。

文化祭での発表の成功をお祈りしています!!

 

暑い夏を彩る日本の祭り!!
東北三大祭の【青森ねぶた祭り】が今年、最終日を迎えています。

そのねぶたに、マルハニチロは今年で46回目の出陣を果たしました!!
その名も【マルハニチロ侫武多(ねぶた)会】!!!!

今年のマルハニチロねぶたのテーマは、【金剛力士破邪(こんごうりきしはじゃ)】。
制作者は、竹浪比呂央先生です♪
筋骨隆々、憤怒の形相で敵を威嚇し、あらゆる災いを振り払う阿行金剛力士です。口を大きく開き、震災復興の始まりを叫ぶ英姿には、東日本の再生と日本の安寧を願う思いが込められています。

今年、マルハニチロねぶたは栄誉ある海上運行を果たします!!

マルハニチロは地元の企業のみなさまと手を携え、半世紀にわたって青森ねぶた祭りに携わってきました。昨年からは、マルハニチロの就職が内定した学生のみなさんにも率先して参加してもらっています。

青森ねぶた祭りは、日本が世界に誇る守るべき文化、伝統、心です。マルハニチロはこれからも出来る限り応援してまいります!

【マルハニチロ侫武多会】について -青森魚類㈱のウェブサイト-

【マルハニチロ侫武多会】の囃子方 【海鳴 UMINARI】 のウェブサイト

2012ねぶた.jpg

2012ねぶた 2.jpg