6月22日は「DHAの日」ということをご存じでしたか?

その由来は、
DHA(Docosahexaenoic Acid=ドコサヘキサエン酸)は、6つのシス型の二重結合を含む22個の炭素鎖をもつカルボン酸の総称であることから、 6月22日を「DHAの日」としました。
由来の詳細はコチラ

マルハニチロでは「毎日とろう!DHAのチカラ」ロゴを導入し、さらにDHA訴求につとめています。

DHAロゴ.jpgロゴの意味:

全体の形は大きくハートをイメージし、DHAがココロとカラダに良いことを伝えています。
「毎日とろう!」の下にある波線は、にこっと笑った目をイメージし、お子様から年配の方までみんなが健康で笑っていられるようにという思いが込められています。
また、下から手でみんなを支えているイメージで、すべての人の健康を支えていきたいという願いをあらわしています。


DHAはおさかな由来の大切な栄養素です。
最近では、DHAが認知症予防に効果的という調査結果も報告されています。
1日につき約1~1.5gのDHAを摂取するのが理想的とされています。
焼いたサンマなら約半尾分、刺身であればマグロ(トロ)で4~5切れ、ブリで6~7切れ。
缶詰やフィッシュソーセージなど、DHAが入った加工食品もよいですね。

マルハニチロでは、DHA原料をはじめ、DHAを使った商品をさまざま扱っています。
「DHA入りリサーラソーセージ」(特定保健用食品)などの商品パッケージに「毎日とろう!DHAのチカラ」ロゴを活用して、これからどんどんDHA認知を高めていきます。