2013年9月

芸術の秋、食欲の秋♪

秋の風物詩「さんま」をじっくりと模写したり、味わったり、五感を使って、さんまとたっぷり触れ合う体験教室が9月24日(火)にマルハニチロ本社でおこなわれ、9組の親子の方々が参加されました。
 

sanma1.JPG

まずは、さんまに詳しい社員から、さんまのおいしい見分け方やさんまの生態について説明。「身が張っていて、ピンとしたさんまがおいしいですよ」

 

sanma2.jpg

1家族1尾ずつ、さんまを見ながら触りながら説明を聞きました。

 

sanma3.JPG

「新鮮なさんまの口先は黄色」と説明を受け、さっそく実物を観察しながら模写スタート。(ちゃんと口先を黄色く塗っています!)

 

sanma4.jpg

描けました!おかあさんと仲良く一枚ずつ完成です。記念に絵と一緒に写真も撮りました。

 

sanma5.JPG

さんま缶詰のラインナップ。このうち、手前2缶を使ってアレンジレシピ2品を試食しました。”「さんま蒲焼」のフレンチサラダ” ”「さんまみぞれ煮」の大葉添え”
簡単だから、おうちでも作ってみてね~☆

 

さんまにも詳しくなったし、魚がいっぱいならんでいるお店でも、さんまを見つけることができるね!(by体験教室事務局)
 

マルハニチログループの社員とその家族でおこなっているクリーンアップ活動も10年目を迎えました!

9月21日(土)秋晴れの下、荒川河口近くで33名が参加し、ゴミ拾い。

この活動では、チームでゴミを拾い、どのようなゴミを拾ったかを集計します。

生活ゴミが多く、河口を過ぎてしまうと海のゴミとなり、拾うことはむずかしくなります。

サポート団体のNPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム様http://www.cleanaid.jp/ から説明を受けた後、まだまだ日差しの強い河川敷でしたが、集中して拾いました。

集計結果は、海の漂着ゴミ調査へ反映され、ゴミの発生を抑える活動へつながります。

その後、自然環境教室を開催し、投網のやり方を見たり、トビハゼを観察したり、河口に生息するシジミの生態について説明を聞いたり、荒川の自然に触れる機会になりました。

cleanaid1.JPG

ゴミは分別し、記録しながら拾います。ゴミ袋は分別用に色分けしてあります。赤い袋は赤だけに「燃やせるゴミ」。

 

cleanaid2.jpg

「こんな大きいゴミがあったよ?」

 

cleanaid3.JPG

「いやぁ、暑い暑い(汗・汗・・・)」

 

cleanaid4.JPG

「ゴミ、拾いましたぁ~!」

 

cleanaid5-2.jpg

がんばってゴミ拾いをした子供さんたちには、認定書とマイボトルを荒川クリーンエイド・フォーラム様から贈呈。

 

cleanaid6.jpg

自然環境教室の様子。ハゼやカニも見つけて、網ですくって観察しました。

 

cleanaid7.JPG

葛(くず)の花も咲いていました。自分のにおいで気絶するというカメムシ付き。
 

こんにちは、ごまめです♪

食欲の秋、くだものもおいしい季節ですね。
わたくし、ごまめの大好きなくだものベスト3は、1位「いちじく」、2位「桃」、3位「ラ・フランス」。
ということで、今回、桃とラ・フランスをテーマにしたマルハニチロの新作ゼリーを紹介します!

130912フルティシエ旬生白桃 小サイズ(横).jpg「フルティシエ 旬生白桃」 
生の桃のフレッシュな香り、ミルキーな風味、やわらかい食感がたまりませんっ
今だけ、数量限定、季節限定。240gとちょっと大きめですが、ほとんど桃です!
マルハニチロの「旬生」シリーズは、生果実を独自の技術で処理してフレッシュなまま閉じ込めたゼリーなのです♪

 

130912ゼリーdeゼロ ラフランス 小サイズ.jpg「ゼリーdeゼロ まるでくだもの新食感 ラ・フランス風味」
クリーミーでしゃりっとしているラ・フランスの風味をたっぷり楽しめます!
ゼロキロカロリーで食べごたえのある290g、ダイエットに関心のある方にオススメです♪


ゼリーは新作がひっきりなし。ごまめ的にも、チェックするのがいつも楽しみです。
いちじくを使ったゼリーも将来できればいいな~、なんてね♪

また次、おいしいゼリーご紹介いたしますね!

 

マルハニチログループは、2013年8月21日(水)~23日(金)の3日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催された「第15回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」に出展しました。
主催は、社団法人 大日本水産会というところです。
今回、3年ぶりの出展で、マルハニチロブースの出展テーマは「魚食の未来創造」!!
「持続可能な水産資源の提供」と「新しい魚食スタイルの提案」をコンセプトに、「海の恵み」を世界につなぎ、「食のよろこび」を未来につなぐ、グループの取り組みを紹介しました。
シーフードショー全体では、海外からの100社を含めた701社が出展。鮮魚、活魚、水産加工品、関連技術が一堂に会し、3日間の来場者数は、主に業界・流通関係者ですが、のべ3万人以上におよぶなど、業界をあげた水産物消費拡大への意気込みが示されました。

SFS マルハニチロブース.JPG マルハニチロブース♪

 

SFS 水産物イメージ展示.JPG

多くの方の目を釘付けにした、水産物のダイナミックなイメージ展示!!

 

SFS 林大臣1.JPG

農林水産省 林大臣(左)も興味津々!? 右がマルハニチロホールディングス久代社長、中央がマルハニチロ水産伊藤社長

 

SFS 試食デモンストレーション.JPG

大人気の試食タイム! カニ、エビ、金目鯛、カンパチ、ブリを使ったさまざまなメニューを1日11回試食していただきました

 

SFS キッチンデモンストレーション.JPG

関心が高かったキッチンデモンストレーション。普通食、きざみ食、極きざみ食の3段階メニューを1度に調理し、施設給食の時短・簡便性アップをアピールしました

 

SFS 「スピードクック 茶あらい骨なし魚切身」.JPG

凍ったままで調理が可能な、職人仕込みのおいしさが自慢の、「スピードクック 茶あらい骨なし魚」

 

SFS ニュージーランドのホキ.JPG

姿まるごとの展示が非常にめずらしい、ニュージーランドのホキ!!

 

SFS おさかなポスター.JPG

美しい「お魚ポスター」展示にも注目が集まりました♪

 

メディケア食品のマスコット、メディベア!.JPG

メディケア食品(介護食)のマスコット、メディベアくんもいます!

                      

                                                          以 上