2016年5月

毎年、6月5日は世界環境デーです。

この世界環境デーにちなみ、MSC日本事務所とWWFジャパンが共同で主催するキャンペーンが、サステナブル・シーフード・ウィークです。
マルハニチログループは、世界中の海から水産資源を調達して生業とする企業として、サステナブル・シーフード・ウィークに参加しています。
 
サステナブル・シーフード・ウィークは、
人口の増加と世界的な健康志向による水産資源の枯渇、
人の生活や経済活動が海洋環境に及ぼす悪影響が懸念されている中、
将来の世代に豊かな海を引き継ぐために持続可能な水産資源を積極的に利用しましょう、というメッセージを社会に呼びかけています。
 
オープニング・イベントとして、6月5日(日)10:00より、
表参道のオープン型フードコートカフェ「Commune246」においてサステナブル・シーフード・フェステバルが開催されます。
ブース出展やJ-WAVEの番組公開収録が行われる予定です。
その他、期間中参加企業によるイベントなども予定されています。
詳しいご案内は、下記サイトよりご覧ください。
 
「サステナブル・シーフード・ウィーク2016」
ポータルサイト:https://www.wwf.or.jp/campaign/ssw/ (WWFサイト内)
 
ssw2016ロゴ.png
この機会に、ご家族や友人と海の環境や水産資源の未来について考えてみてはいかがでしょうか?
 
 
 

マルハニチロは今年も、6月26日(日)に実施される日本さかな検定協会主催の「第7回『日本さかな検定』」に協賛いたします。

「ととけん」こと「日本さかな検定」は、「さかなの国、ニッポンの検定」として、世界に誇る日本の豊かな魚食文化の魅力を再発見しようと、2010年にスタートしました。
検定を通じて、魚への関心、魚の知識をさらに深めていきたいという想いが込められた検定です。
マルハニチロも、一人でも多くのお魚好きの方々が増えることを願い、魚食文化がずっと継承されるよう、「ととけん」発足以来、継続して協賛を続けてきました。

「ととけん」で出題される設問は、そのお魚を実際に食べてみたくなるような、生活に身近で親しみやすい視点にあふれています。みなさま、ぜひ、ふるって受検に応募してくださいね。魚に関心を寄せる方なら、年齢、経験等問わず、どなたでも受検できます。
詳細は、「日本さかな検定」公式サイトをご参照ください。

★「日本さかな検定」公式サイト:http://totoken.com/

ととけん leaflet (2).jpg