環境イベントを開催したご報告です。

2017年5月28日(日)に横浜海の公園で、アマモ(甘藻)の花枝採取を行いました!

マルハニチログループは、水質浄化やCO2削減に役立つアマモを増やして、東京湾を豊かな海に再生する「東京湾UMIプロジェクト」に協力しています。

東京湾に生き物のにぎわいを取り戻すための「アマモ場再生イベント」を海辺つくり研究会ご指導のもと開催し、毎年花や種をつけるこの時期のアマモから花枝を採取しました。

当日、1,500本の花枝を採取し、しばらく成熟させて今夏にひと粒ひと粒選別を行い、秋の種まきに備えます。

==概要==
【  日  時 】2017年5月28日(日)
【 場  所 】海の公園 (神奈川県横浜市金沢区)
【 参 加 者】マルハニチログループ従業員と家族 63名
【 指  導 】NPO法人 海辺つくり研究会、神奈川県水産技術センター 
【 協  力 】横浜市漁業協同組合、公益財団法人 横浜市緑の協会
【 視  察 】国土交通省港湾局、国土交通省関東地方整備局
【マルハニチロ事務局】マルハニチロ(株)経営企画部、マルハニチロユニオン
 
くわしい内容はこちらをご覧ください。
 
集合写真トリミング.jpg
参加したみなさんで、記念撮影です。
 
DSC_0091.JPG
ご指導いいただいた木村尚さん(中央)とアマモ花枝採取です。
 
DSC_0099.JPG
タマシキゴカイの卵も発見しました!(中央:手に持っている水槽の中)
 
IMG_4147.jpg
花枝を積み込む船で、「生き物観察会」を開催
神奈川県水産技術センター三浦さん(中央)に教えていただきました。
 
DSC_0092_コントラスト加工.jpg
1,500本の花枝を採取しました。
 
マルハニチロは、2016年3月に国土交通省「東京湾UMIプロジェクト」の協力企業に認定されました。
今後も海の環境を整える本活動を続けてまいります。