「カニくん」の記事一覧

こんにちは、カニくんです。
 
マルハニチロは、2017年1月28日にワカメの育成を通じて環境の保全の大切さ・海への関心が高まることを目的とした夢ワカメ・ワークショップ(主催:夢ワカメ・ワークショップ実行委員会)のワカメ収穫イベントに参加致しました。
 
また2017年2月5日に開催された「~シェフに学ぶ~ 夢ワカメを使って親子クッキング!」に協賛致しました。この親子クッキングでは1月に収穫した夢ワカメの一部を使った料理教室となっております。抽選で選ばれた親子15組が参加されました。
 

1月28日 収穫の様子です。当日は1月下旬とは思えない暖かさに加えて快晴となり夢ワカメ収穫日和となりました。

ワカメ収穫_20170128 (15).JPG

 

2016年11月の種付から2ヵ月、東京湾みなとみらいの海ですくすくと育ちました。

ワカメ収穫_20170128 (53).JPG

 

マルハニチロからは従業員とその家族40名が参加いたしました。

ワカメ収穫_20170128 (22).JPG

 

2月5日の料理教室の様子です。料理指導くださった ヨコハマ グランドインターコンチネンタル ホテル 斎藤総料理長(中央)と同ホテル「イタリア料理 ラ ヴィラ」大駒シェフ(右)

DSC_0049.JPG

 

当日のメニューは
 
スパゲッティ 魚介のラグー 夢ワカメ風味
 
夢ワカメと海老のガレット
 
フォカッチャ 夢ワカメ入り(試食のみ)

DSC_0068.JPG

DSC_0069.JPG

DSC_0093.JPG

 

こんにちは、カニくんです。

2017年1月にマルハニチロ豊洲本社にて、10組20名様にご参加いただき開催できました親子マグロ料理教室の当日の様子についてご報告させて頂きます。

当日朝、主役のマグロを築地に引取りに行きました。

築地から.jpg

 

養殖マグロ約26キロです。参加者皆さんに囲まれて記念撮影。

参加者集合写真.jpg

 

みんなマグロに興味深々でした。

マグロに触れる参加者.jpg

 

授業の始まりはマグロの生態などについてマグロのプロ社員から解説がありました。

マグロ説明(水沢さん).jpg

 

授業はマグロの解体へと移っていきます。わかりやすく部位を説明しながら、華麗な包丁さばきで手際よく解体しました。

解体(水沢さん).jpg

 

解体後は料理実習へと移り、寿司ネタのプロ社員による寿司の握り方のコツを分かり易く実践解説。

握り方(佐野さん).jpg

 

料理実習の際には時折コツを分かり易く説明。

高橋さん.jpg

 

握り実習中

にぎり寿司.jpg

 

揚げずにフライステーキを実習中

揚げずにフライステーキ.jpg

 

出来あがりです。みんなで美味しく楽しくいただきました。

出来あがりメニュー.jpg

 

【メニュー】

・マグロのにぎり寿司

・マグロの細巻・手巻き寿司

・マグロの揚げずにステーキ

・マグロの中華風サラダ

・コーンスープ

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

こんにちはカニくんです。

今日はみなさまにお伝えしたいことがあります。

 

マルハニチロが開催する「親子マグロ料理教室~これでみんなもマグロ博士!~」に親子ペア12組をご招待。

開催は2017年1月21日(土曜日)、先着順で募集をしております。

 

参加応募方法についてはこちら ↓↓↓↓↓ にアクセスしてください。

http://www.maruha-nichiro.co.jp/files/tuna%20class%20of%202017.pdf

みなさまのご参加をお待ちしております。

 

【昨年の様子】

まぐろ授業&料理教室20160206 説明.jpg

まぐろ授業&料理教室20160206 調理実習.jpg

料理例.jpg

10月19日(土)・20日(日)の2日間にわたり、江東区の木場公園において「第31回江東区民まつり」が開催されました。

 

マルハニチログループの本社が、3年前に江東区豊洲に移転したご縁もあり、江東区の皆様にマルハニチロをもっと知っていただこうと、今年も参加・協賛いたしました。

DSCF5333.JPG

例年30万人以上の来場者で賑わう、とても盛大なイベントです。

DSCF5329.JPG

広大な木場公園全体が会場です。

DSCF5331.JPG

マルハニチログループも協賛企業として掲示していただきました

DSCF5328.JPG

イベント広場では地元の団体などによる様々なイベントが催されました

DSCF5327.JPG

区内親水公園のカワセミをモチーフにした区民まつりのマスコット「コトットちゃん」

DSCF5336.JPG

全国各地の名産品を扱う販売ブースもたくさんでていて大盛況です

DSCF5335.JPG

秋田からはるばるやってきた「なまはげ」も子供たちに大人気

DSCF5318.JPG

マルハニチログループのブースは、ふれあい広場の一画に出店。

フルーツゼリーやDHA入りフィッシュソーセージ、チーズかまぼこをお祭り価格!!で販売。

P1000434.JPG

初日はお天気にも恵まれ、多くの来場者のみなさまに、たくさんお買い上げいただきました。

P1000417.JPG

近くの広場では地元の子供たちの和太鼓演武。とてもかっこよかったです。

DSCF5363.JPG

2日目の日曜日は、予報通り朝から雨模様で来場者もまばらでした。

そんな冷たい雨が降りしきる中、マルハニチロのブースにお立ち寄りいただいた皆様に心より感謝。

DSCF5368.JPG

お昼前には、木場公園の芝生も水浸し。

残念ながら、悪天候のため13時に中止となってしまいました。

P1000427.JPG

マルハニチログループのブースにお立ち寄りいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

これからもマルハニチログループへの応援をよろしくお願いいたします。

 

 先日、8月2日(金)に『~これでみんなもサケ博士!(おいしいしあわせ!のヒミツ 体験教室☆特別編)~ 理科実験授業 ~サケの誕生物語と生命の設計図のひみつ~』を実施しました!

午前と午後にそれぞれ1回ずつ実施し、たくさんの親子が参加してくださいました。皆さま、ありがとうございました。

jikken.jpg

 

【DNAの抽出実験中 

この授業では、さけの一生を学びながら「いのち」の設計図「DNA」の抽出実験を行い、親から子につながっていく「いのち」の尊さ、「いのち」からなる「食べ物」の大切さ、「いのち」を育む「自然」の大切さを考えるプログラムです。

  

 tigyo.jpg

【卵から孵化したサケ 

sake-sanran.jpg

【産卵中のオスとメスのサケ  

sake-rakumei.jpg

【産卵ののち一生を終えたサケ 

次の世代に「いのち」をつなぐために命がけで川を上り、産卵を終えたサケの姿に、毎回目頭が熱くなります。

kousi1.jpg 

kousi2.jpg 

講師は、つくば市にある中央研究所で、日々、食べ物や健康に関する様々な研究を行っている若手の研究員たちです。仕事の合間を縫って資料の作成や講師のリハーサル、実験器具の準備を行って本番に臨みました。 

 jyugyou.jpg

 授業を受けた子供たちが理科や自然に興味を持ち、将来の日本を背負って立つ科学者や技術者になって活躍してくれたらとてもうれしく思います。