広報日誌

こんにちは、ごまめです。

昨日、1月15日に放映された、テレビ東京『出没!アド街ック天国』は豊洲がテーマでした!
そして、豊洲にあるマルハニチロ本社も、ちょっとだけ登場させていただきました。
「企業の本社」という括りですが、豊洲ランキングでなんと、3位!
予期しない上位に、ごまめもワクワクドキドキでした。 

(テレビ東京『出没!アド街ック天国』ウェブサイト)
http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/backnumber/20170114/

番組では、マルハニチロ本社にあるアンテナショップの他、「カニ課」や「すりみ課」、「マグロ課」など、扱っている魚介類が名前になっている部署がたくさんあることが紹介されました。

マルハニチロ本社が豊洲に移転してから、早くも約5年。
今回、『アド街ック天国』で取材していただけてとても光栄です!
刻一刻と変化する豊洲の街とずっと寄り添って、わたしたちも成長していけたらいいなと思います。

(アンテナショップ「マルハニチロプラザ」撮影の様子) 
DSC04686.JPG 















こんにちは、ごまめです。

2月6日(土)夜に放映された、「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団」で、マルハニチロの缶詰が紹介されました。  
 
「月花さば水煮」、「いか味付」、「さんま蒲焼」、「特選たらばかに脚肉」
4つの缶詰の生産現場に視察団2名をご案内し、原料や味付け、品質、ものづくりに対するマルハニチロのこだわりをご紹介しました。

(ご参考: 番組ウェブサイトはコチラ

ロケは、釧路工場~宗谷工場~青森工場と、北の大地を横断して回ったのですが、折しも爆弾低気圧ともいわれるほどの嵐が吹きすさぶ中を敢行。
一週間におよぶ視察期間、飛行機はもちろん道内の交通がほぼストップするなかを、路線バスや寝台車を駆使しての深夜移動を余儀なくされ、ホテルで寝られたのはたった一晩という、当社史上最も過酷なロケツアーとなりました。
まさに、マルハニチロの社訓にある「業は(中略)果敢に実行する」を体当たりで実践することになった今回のロケですが、無事に番組が放映されて心底ホッとすると同時に、関係者のみなさま、番組をご覧になってくださったみなさまに心から感謝しております。

ぜひ、今後ともマルハニチロの缶詰を、よろしくお願いいたします!

撮影風景2.JPG
さば缶の製造を視察する視察団御一行

撮影風景3.jpg
釧路では、目も開けていられないほどの風と大雪に見舞われることに・・・。


釧路工場.jpg
釧路工場

青森工場.jpg
鳥居の赤と雪のコントラストが美しい青森工場

缶詰一群.JPG
マルハニチロの缶詰たち♪♪

 
 
 

こんにちは、ごまめです。
早くも11月に突入しました!  実は11月はとっても海の幸にまつわる記念日が多い月なのです。ちょっと調べただけでもこんなにありました。↓↓↓
 
  11月1日~すしの日
  11月7日~シシャモの日
  11月11日~鮭の日
  11月15日~昆布の日
  11月15日~かまぼこの日
  11月23日~カキの日
  11月24日~鰹節の日
  11月29日~いいふぐ の日
  11月第4土曜日~松葉ガニ
 (参考:マルハニチロの魚食サイト「魚食べれば福来たる」)
   
 
 http://eat-fish-maruha-nichiro.jp/information/date/index.html

特に、鮭という漢字の「圭」の部分が、「十一、十一」に分解できるので、11月11日は鮭の日、なんですね。
「鮭」はマルハニチロでもたくさん扱っており、とても馴染み深いお魚です。
今年8月に開催された「ジャパンインターナショナルシーフードショー」@東京でも、展示テーマのひとつを「アラスカ産紅鮭」としました。せっかくなので、そのときの様子をご紹介します!
IMG_0136.JPG
とても精悍な顔つきの紅鮭!アラスカ、ベーリング海からはるばるやってきました。
 

 IMG_0137.JPG
真正面からみると鼻とあごがカワイイ・・・

IMG_0144.JPG
とてもたくさんの人がマルハニチロブースに集まってくれました。

  P1000215.JPG
北米にあるグループ会社、ピーターパンシーフーズの製品がズラリ!

P1000323.JPG

130627_p-pan缶詰.jpg
 この紅鮭缶詰も、ピーターパンシーフーズの製品です♪缶のフォルムがかっこいい!でも、日本では売られていません。。
                          
                                           

おはようございます。

うっしーです。

 

いよいよ明日はハロウィンですね。

今年は土曜日ですので、ハロウィンパーティーもさぞ大盛り上がりでしょう♪

 

マルハニチロは明日お休みなので、今朝、仮装を実施している部署をご紹介~

↓↓↓ 昨年に引き続き、北米事業一部・二部ではみな思い思いの格好をしています。

 

※北米事業一部、二部: 北米で漁獲されるサケやカニ、スケコなどの水産物やすり身など、その加工品を扱っているグローバルな部署です。

  

P1010216.JPG

 

全身、河童の格好をしている人もいれば、泡がふわふわのビールも!

 

P1010215.JPG

 

P1010219.JPG

 

P1010223.JPG

 

昨年とはまた違った装いを見ることのできた、金曜日の朝でした。

朝9時までのわずかな時間でしたが、仕事モードに切り替え、今日もがんばりましょう!

 

 

昨年の記事はこちら

こんにちは、ごまめです。

サケの筋肉には、イミダゾールジペプチドの1種「アンセリン」という成分が多く含まれているのをご存じでしょうか。
イミダゾールジペプチドは、スポーツ栄養・生活習慣病対策のための素材として最近特に注目されている成分で、マルハニチロでは長年このアンセリンを含有したサケエキスの研究開発に取り組み、製品化を実現しています。

さて、このたび、国際的に権威ある科学系出版社として著名な「英国王立化学会(Royal Society of Chemistry :RSC)」から、新しく刊行する書籍のなかで一部、アンセリンの抗疲労効果についてマルハニチロに執筆をしてほしいという依頼がありました。

それを受けて、マルハニチロ中央研究所が英文総説を執筆し、無事刊行されました!
DSC_書籍1-1.jpg
  今回「英国王立化学会」が刊行した “Imidazole Dipeputide  Chemistry,Analysis,Function and Effects”(「Food and Nutritional Components in Focus」 シリーズ ) 

プレゼンテーション1.jpg
 “Imidazole Dipeputide  Chemistry,Analysis,Function and Effects”のうち、アンセリンの抗疲労効果について、Chapter16をマルハニチロ中央研究所の主管研究員(博士)が執筆!

日本での知名度は発展途上ですが、運動のパフォーマンス、動体視力、眼精疲労などに効果があるとされ、世界的に注目を浴びているアンセリン。

世界に向けて、マルハニチロが開発したアンセリン含有サケエキスの効果をお伝えできればと思います! 

【ご参考】 マルハニチロ中央研究所のウェブサイト「アンセリン含有サケエキス」
https://www.maruha-nichiro.co.jp/laboratory/material/anserine.html 

こんにちは、ごまめです。

昨日から放映がはじまったマルハニチロの冷凍食品、「新中華街」シリーズの新CM。
今回、ナント、テレビドラマや映画、舞台など多方面で大活躍中の、今をときめく上川隆也さん起用となっております!

冷凍食品「新中華街」シリーズは、2015年秋に発売20周年を迎えました。
中華の名店「赤坂璃宮」譚彦彬オーナーシェフ監修のもと、米飯、麺、点心などさまざまなジャンルで、本格的な中華料理を展開してきました。

今回の新CMのテーマは、「冷食開化」。
近代化が進む明治時代、西洋館に客人として招かれた上川隆也さんが、「新中華街」シリーズ2商品を口にします。
調理のときに不思議な箱から出る「チーン」という音が耳から離れない上川さん。
そして今まで味わったことのないおいしさ。
このハッピーな音を「冷食開花の音」と呼ぶことに決め、新しい時代の風を感じる、という内容です。

それぞれわずか15秒間のCMですが、上川隆也さんの表情がすべてを語ってくださっています。
まだご覧になっていない方は、ぜひ、下記特設サイトをチェックしてみてくださいね。
CMメイキング動画もご覧いただけます^^。

CM特設サイト http://www.maruha-nichiro.co.jp/chuka/ 
CMギャラリー http://www.maruha-nichiro.co.jp/news_center/channel/index.html 

 

「新中華街」シリーズ20周年を記念して、「20周年ありがとうキャンペーン」も実施中です!
http://www.maruha-nichiro.co.jp/campaign/2015_10_001/ 


web_op_q[1].png

ふるってご応募ください!お待ちしております。 
 
 

こんにちは、シャモです。
食欲の秋です!
マルハニチロの商品でおなかを満たしてみてはいかがでしょう?
アンテナショップ「マルハニチロプラザ」では、毎月8(マルハ)日と26(ニチロ)日は、商品が5%引きで購入できますよ♪
(一部商品除く)
DSC08346.JPG
その季節に見合ったかわいらしいディスプレイでお客さまをおむかえします。
今の季節はハロウィンですね♪

次回のマルハニチロの日は26日。
豊洲へお越しの際は、ぜひマルハニチロプラザへも遊びにきてください♪

~マルハニチロプラザ~
営業時間 11:00~18:00 土、日、祝祭日を除く
東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント 1階
電話 03-6833-0280
URL http://www.maruha-nichiro.co.jp/plaza/index.html

先日シャモがお店に行ったところ、店内にサインが(!!)
マルハニチロは、日本のインディーズ・スポーツに関わるみなさんを応援するプロジェクトをおこなっており、
キンボール、スカッシュの日本代表選手の方々からいただいたサインを飾らせていただいています。
プロジェクト詳細はこちら↓↓
INDIE SPORTS FREAKS http://www.maruha-nichiro.co.jp/sports/

お越しの際は、店内のサインにもご注目ください~。
DSC08341.JPG DSC08342.JPG

明日から3連休です。お休みの方は、よき連休をおすごしください!

こんにちは、ごまめです。
10月に入り、一気に秋めいてきましたね。
さて、このブログで以前、10月10日は「まぐろの日」という記事を書かせていただいていますが、今年も「まぐろの日」にちなみ、あらためてマルハニチロのマグロ養殖への取り組みをご紹介いたします。

近年、資源管理がグローバルな課題となっているクロマグロ。
世界各地で天然クロマグロの漁獲規制が年々強化されているなか、マルハニチロではクロマグロの安定供給のために、人工親魚より採取した卵から成魚を育てる「完全養殖」を長年にわたって研究してきました。
完全養殖とは、人工種苗を親として受精卵をとり、そこから第2世代を育てるというものです。このサイクルが確立されるということは、限りある天然資源を守ることにつながります。
長い取り組みの末、マルハニチロは2010年に、民間企業として初の完全養殖に成功しました。そしていよいよ2015年には初出荷を実現し、2016年には本格的に市場に出荷する計画です。

完全養殖の最大の難題は、ふ化後の稚魚の生存率がとても低く商業化が難しいことにあります。マルハニチロではデリケートな稚魚の生存率を高めるため大学などの協力を得ながら数々の試行錯誤を重ねた結果、2013年より稚魚の生存率を大きく向上させることができました。
まだ育成過程には多くの課題が残っていますが、一つ一つ解決してゆき、天然資源を守りながら、おいしいクロマグロをお客さまへ安定してお届けするため、魚食の担い手としてマルハニチロはこれからも挑戦を続けてまいります!

amami.jpg
人工種苗ふ化場がある「奄美養魚」

22DAH_1.jpg
小さくてもすでに顔つきは大物!? ふ化マグロ

マグロの未来、マルハニチロが創る」には、一瞬ですが神秘的なクロマグロ産卵シーンがおさめられています。ぜひご覧くださいね~
 

こんにちは、ごまめです。

マルハニチログループでは毎年、関係取引先などと協力して、日本を代表する伝統行事「青森ねぶた」でねぶたを運行しているのですが、今年実際に運行したねぶたの一部が、マルハニチロ本社(東京都江東区)受付にて展示されています。
nebuta_3.jpg
 一際明るい輝きが、巨大な「手」の中から放たれます。


ねぶた手_1.jpg nebuta_2.jpg
 オブジェがマルハニチロ本社に到着。ガサゴソ、ガサゴソ、さっそく設置へ!! 

「青森ねぶた」参画にあたっては、青森県内に拠点を有するマルハニチログループ各社と関係取引先などで、その名も「マルハニチロ佞武多(ねぶた)会 」を組織しています。
1953年の第1回から継続して、2015年で49回目の出陣運行を果たしました。
これほど長く活動を続けてこられたのも、ひとえに地元の方々に愛していただいた賜物です。

オブジェから漂う、青森ねぶたの熱気と祭りの後の静かな余韻。
マルハニチロ本社ご来社の際には、ぜひご注目ください^^

海の幸グルメが一堂に会するフードイベント、「日本魚祭り」が2014年4月8日から5日間、東京タワー1階特設会場で開催されます。

日本の魚文化を、次世代に受け継がせたい!と企画された「日本魚祭り」。
「日本魚祭り実行委員会」が主催し、水産庁が後援しています。

<日本には、世界一うまい海がある> というキャッチコピーのもと、
日本各地の海の幸を堪能できるメニューが、産地直送の食材で楽しめます。

 大分 「サクッふわ姫ハモ天丼」
 下関 「直送ふぐ刺し盛り」
 金沢 「最高級のどぐろの握り」
 富山 「超肉厚ぶり大根」
 静岡 「駿河湾 特選三色丼」
 北海道 「特選ウニいくらホタテ丼」   などなど

この他、マルハニチロから、ちょっとしたおつまみとして当社商品をアレンジしたお手軽メニューをご提案!
 魚肉ソーセージ  を使った
       「フィッシュソーセージフライ&ディップソース」
 
 La Cantineさば缶を使った
       「さばフィレサンド」
       「すだちカンティーヌと七味マヨネーズ」
 

 
 
 

この他のメニューやイベントの詳細は、公式HPで確認してみてくださいね。
時間によってアルコールが半額になるハッピーアワーなども要チェック!
ぜひ、マルハニチロブースにもお立ち寄りください★

<『日本魚祭り』SAKANA JAPAN 概要>
日程: 2015年4月8日(水)~4月12日(日)
時間: 11:00~21:00(10時間) ※最終日は19:00まで
場所: 東京都港区芝公園4丁目2-8 東京タワー 1階特設会場、入場無料
公式HP: http://sakanajapan.jp/